食の未来が見えるウェブマガジン「料理王国」

価格19.8万円。26年熟成ヴィンテージ日本酒『現外』の価値とは?


阪神淡路震災を乗り越えて

1995年1月17日、阪神淡路大震災によって倒壊した酒蔵で奇跡的に残ったタンク。そこに入っていたのは、「酒母」と呼ばれる、醸造の途中段階のお酒だった。醸造設備の被災により次の工程に進めることが叶わず、やむなく酒母の段階で搾られ清酒となったが、味香のバランスがとれておらず、商品化することができなかった。そのため、熟成による味わいの変化に一縷の望みを託し、のちに『現外』となる酒は熟成庫で眠りにつくことになった。

26年の時を経て生まれた、新しい価値

熟成タンクで20数年。そのお酒には、造り手すら想像しなかった味わいがもたらされた。鋭い酸味は心地良く、べたつく甘味はまろやかに、甘味・旨味・酸味・苦味のすべてが調和し、円熟したまろやかさと同時に、気品さと透明感を併せもつ奇跡的な味わいへと至ったのだ。

日本酒の価値を生み出す要素は、原料となる米の種類や酵母、造り手や造られる地域など様々だが、『現外』は「時間経過によって得られる変化」、つまり“ヴィンテージ”の概念を日本酒におけるひとつの価値として示している。“時間”という要素が日本酒にもたらす変化には、大きな可能性が秘められている。

世界で500本限定という価値

『現外』は熟成タンクで寝かせており、年に数回、その年に販売する分だけを瓶詰めされている。現状ある量のみが全てで、二度と同じものは作れない。

熟成を重ねた日本酒は、「澱(おり)」と呼ばれる、お酒の成分が固まったものがタンクの底に沈殿するが、この澱のない上澄みだけをタンクから汲み出し、商品化している。酒質への影響から、タンクの中身をすべて出して確認することはできないため、あとどのくらい商品として出せる量が残っているのか、正確に把握するのは困難だ。残り3000〜4000本と想定されるが、本年はそのうち500本が限定で販売されている。

この「現外」を、日本酒の熟成の価値を示すお酒として、年々その価値は見直される。味わいの変化、またタンクに残る量などを加味し、更にその価値が高まっていくものと考えられる。
将来的には、この唯一無二の熟成日本酒が、世界的なヴィンテージワインと並び、数百万円、数千万円で嘱望されるようなことも想定される。

『現外』が示すのは“ヴィンテージ”という日本酒の価値。甘味・酸味・苦味・旨味が複雑に絡み合いながら調和した味わいをもつ、長い歳月だけがつくり出すことのできる再現不可能なオリジナル日本酒となっている。

◆ 商品概要
商品名:26年熟成『現外|GENGAI』
製造元:沢の鶴株式会社
内容量:500ml
価格:198,000円(税込)
販売数:500本限定
事前申込受付開始日:2021年1月13日(水)

【販売元】
会社名:株式会社Clear(https://clear-inc.net
所在地:東京都渋谷区渋谷2-4-3 2F
設立:2013年2月7日
代表取締役:生駒龍史
資本金:1.8億円
– 日本酒ブランド「SAKE HUNDRED」(https://sake100.com)の運営
– 日本酒専門WEBメディア「SAKETIMES」(https://jp.sake-times.com)の運営


SNSでフォローする